サステナビリティ経営

2.jpg

 社会貢献活動の時代からCSR(企業の社会的責任、Corporate Social Responsibility)の時代になったと言われる。 
 一方、金融危機から発した経済的危機で企業は社会貢献活動やCSRどころではないという傾向も強くなってきた。それに加えて、社会的危機(社会保障・福祉)、環境的(+農)危機の3つの危機も深刻化している。


 CSRとして「トリプルボトムライン」、「マルチステークホルダー」、「CSRマネジメント」、「コンプライアンス」、「社会的責任投資(SRI)」、「評価・共同評価」、「社会性・社内の社会の目」、「本業と社員参加」などの企業の具体的取り組みが行われている。
 前述の3つの危機を前提としたCSRでは経済・社会・環境のそれぞれの分野で「持続可能性」「サステナビリティ」が重要となってくる。また、企業の環境CSRの先には「サスティナビリティ経営(持続可能な経営)」、「ISO26000」、「ESD」(国連・持続可能な開発のための教育)が今後の企業の本業にかかわってくる。
 サスティナビリティ経営(持続可能な経営)の必要性と企業のサスティナビリティ経営では持続可能な開発のための教育が必要とされる。


*三方よしのCSR 売り手よし、買い手よし、世間よし
*サスティナビリティ経営(持続可能な経営)
*サスティナビリティのスイートスポット
*サスティナビリティマップ
*「ESD」(国連・持続可能な開発のための教育)


サスティナビリティ経営(持続可能な経営)

「ミッション・未来づくり」

「キャリアデペロップメント」
 ・自己分析・キャリア分析
 ・キャリア、マッピング
 ・営業力、ネット力、人間関係力

「仕事力」
・営業力
・ネット力
・人間関係力