ソーシャルクラウドソーシング(C)

2.jpg

 インターネットなどによって群集(不特定多数の人々)が仕事を行うこと方法が生まれている。

 これを「クラウドソーシング」 ("Crowdsourcing" 2008 by Jeff Howe)という。

 しかし、群集(不特定多数の人々)の力によって成り立つ働きかたは、インターネットのビジネス以前にも天文学の成り立ちのように存在した。

  「ソーシャルクラウドソーシング」 (C)Motohiko Nagaoka

 群集(不特定多数の人々)の力によって成り立つ社会的な働きかたが「ソーシャルクラウドソーシング」である。

 現場発の「情報」、地に足がついた「情報」、環境を考え、地域や社会、地球と世界のために重要ことを企画し、それをネットワークの力によって実現する。

これが「ソーシャルクラウドソーシング」で、これを行うのが「ソーシャルプロデュース」である。