フューチャーセンター

2.jpg

フューチャーセンター

フューチャーセンターとは、企業、政府、自治体などの組織が中長期的な課題の解決を目指し、様々な関係者を幅広く集め、対話を通じて新たなアイデアや問題の解決手段を見つけ出し、相互協力の下で実践するために設けられる施設である。
 施設は一般に、研修スペースや学習スペース、ミーティングスペースなどで構成される。

 その目的は創造性を発揮し、複雑化して従来の枠組みでは解決の難しい現代の様々な課題を解決することにある。例えば地球環境問題への対応や、企業や業界の枠組みを超えたイノベーション等の複雑な課題は、普段と同じ組織のメンバーと普段と同じ会議室に集まっても、過去になかった発想やアイデアを生み出し、解決に向けて実践することは困難である。そこでフューチャーセンターという多様なメンバーが集まる場をつくり、集合知を形成し、新たな知を創造しようとする取り組みが行われるようになったわけである。
 (ウィキペディア日本語版)

フューチャーセンター・セッション
フューチャーセンター・セッションは、論理的分析だけでは解決できない複雑に絡み合った問題に対して、「未来志向」と「対話」、そして「プロトタイピング」のパワーでブレークスルーする場です。「正しい答えを見つけよう」というよりも、その問題をブレークスルーするための突破口を見つける心構えを持って臨みます。

フューチャーセンター・セッション開催に向けての、最もオーソドックスな5ステップ

(1) Select Theme:視野を広げてテーマを設定
(2) Invite Diverse People:多様性を確保して人集め
(3) Produce Hospitality:非日常経験を演出
(4) Facilitate Dialogue:主体性を引き出す運営
(5) Foster Execution:参加者全員の深い気づき
                      (「フューチャーセンターをつくろう」)


地域型インデペンデントフューチャーセンターとフューチャーセンターネットワーク

 現在のフューチャーセンターは組織型(in House)であり、企業、政府、自治体などの組織が中長期的な課題の解決を目指するものです。

 ここでは、地域で独立型(independent)として、組織型フューチャーセンターなどと広くネットワークを組み、恊働で地域の問題を総合的に解決することを目指しています。


地域協働型インデペンデントフューチャーセンターとしてなりうる場所

地域協働型インデペンデントフューチャーセンター
フューチャーセンターとしての学社連携の学校
フューチャーセンターとしての大学・センター
フューチャーセンターとしての市民活動センター
フューチャーセンターとしてコミュニティカフェ
フューチャーセンターとしてコミュニティセンター